【最新版】PLUS TOKEN(プラストークン)の始め方・アプリダウンロードから資産運用まで

ここではPLUS TOKEN(プラストークン)の始め方を1から説明していきます。

PLUS TOKEN(プラストークン)の概要に関してはこちらをご覧ください。

この度ご紹介する投資案件ですが、次のような方にオススメできます。 ・お金を稼ぎたい・増やしたい ・簡単に不労所得を作りた...

資産運用までの簡単な流れは以下のようになります。

1.アプリをダウンロード

2.アプリ許可設定

3.ユーザ登録

4.ウォレットに仮想通貨を送金

5.資産運用設定を行う(この設定をして初めて月利10%の配当を貰える

6.実名認証(この設定をして出金が可能に)

PLUS TOKEN(プラストークン)のウォレットはスマホアプリをダウンロードして、スマホアプリ内で運用を行なっていきます。

1.アプリをダウンロード

1.1 ダウンロード用のWebページへアクセス

AppStoreやGooglePlayにはアプリは存在していないので、以下のWebページよりアプリのダウンロードを行います。

■最新版ダウンロードリンク

iPhone: https://appdown.globalonline.cc/ios/share.html

Android: https://appdown.globalonline.cc/android/share.html

リンクへ飛ぶと以下のページに行きます。

「version:2.4」をタップします。

1.2「インストール」をタップ

「インストール」をタップします。

インストール完了のお知らせはしないので、しばらくしてホーム画面よりアプリがインストールされているか確認してみてください。

1.3 アプリがインストールされたことを確認する

アプリがインストールされたことを確認してください。

アプリの許可設定がされていないので、まだアプリを開くことはできません。

↓アプリをタップすると、以下のようになると思います。

2.アプリの許可設定

2.1 「設定」アプリを開く

2.2「一般」を開く

2.3「プロファイルとデバイス管理」を開く

2.4「エンタープライズAPP」欄の項目をタップする

 私の場合、「Jiaxing Moming Network Infoma…」でしたが、ここは他の名前で表示されることもあるそうです 

2.5 赤枠部分をタップする

2.6「信頼」をタップする

2.7 以下の画面になっていることを確認する

 この画面になっていることを確認して「アプリ許可設定」は完了になります。  

3.ユーザ登録

3.1 ホームより「PlusToken」のアプリを開く

「2.アプリ許可設定」が完了していれば、問題なく開けるはずです。開けない場合、「2.アプリ許可設定」をもう一度ご確認ください。

3.2 まずは「言語」の設定を行う

画面左下の「Language」より、言語設定が可能です。お好みの言語を選択してください。

ここでは日本語を選択して説明していきます。

3.3 「登録」をタップする

3.4 利用規約の同意にチェックを入れて、「次のステップ」をタップする

3.5 「86」をタップして、日本の国際ナンバーの「81」にする

「86」をタップして、その後「日本」を選択すると、「81」に変更になります。

3.6 携帯電話番号の先頭の0を抜かして、携帯番号を入力する

「81」になっていることを確認したら、携帯番号を入力します。

 携帯番号は先頭の0を抜かして入力してください。 

■例

携帯電話番号が「090-1234-5678」であれば、「9012345678」と入力する

3.7 セキュリティの認証を行う

 赤丸で囲まれたターゲットをドラッグして、点の丸で囲まれた「+」まで持って行ってください。 

もしかすると、これ以外のセキュリティ認証もあるかもしれませんので、その時は指示に従い、セキュリティ認証を行なってください。

3.8 パスワードの決定と推薦コードの入力

■①②ログインパスワード

自分のPlusTokenウォレットへログインするときのパスワードです。

①②には同じものを入力してください。

ログインパスワードは自由に決めていただいて構いません。パスワードは忘れないようにしてください。

■③④取引パスワード

PlusTokenで取引を行うときに使用するパスワードです。

③④には同じものを入力してください。

取引パスワードは自由に決めていただいて構いません。パスワードは忘れないようにしてください。

■⑤推奨コード(8021408419

PlusTokenは紹介制になりますので、推奨コードが必ず必要となります。

以下のコードを入力してお使いください。

推奨コード:8021408419

以上を入力して、 「登録」 をタップしてください。

3.9 バックアップ補助文を保存する

表示されている英数字をメモするか、スクリーンショットで保存してください。

完了しましたら、「確定」をタップしてください。

3.10 保存したバックアップ補助文を入力する

プルダウンから、保存した通りに、英数字を選択してください。

完了しましたら、「確定」をタップしてください。

3.11 個人鍵を保存する

 個人鍵とはウォレットを復元するときに必ず必要となります。 スマホの紛失や買い換えの際は、必ず必要になりますので、大切に保管しましょう。 

「スクリーンショット画像を保存する」より、スクリーンショット保存ができます。

以上で、ユーザ登録は完了です。

4.ウォレットに仮想通貨を送金

ここでは、PLUS TOKENのウォレットに仮想通貨を送金する方法を説明します。

 月利10%の配当をもらう為に、まずはPLUS TOKENのウォレット内に500$以上の通貨を送金します。 (日々の変動で価値が500$を下回ると運用が止まるらしいので、余裕を持って多めに入れるようにしましょう)

※前もって、PLUS TOKEN対応の仮想通貨をご準備してください

(対応通貨は、BTC、ETH、LTC、DOGE、BCH、XRP、DASH、EOS)

4.1 送金を行う仮想通貨を選択する

左下の「資産」より、送金を行う通貨を選択します。ここでは、例として「ETH」を選択します。

4.2 「転入」をタップする

画面右下の「転入」をタップします。

4.3 記載されているアドレスに通貨を送金する

記載されているアドレスに選択した通貨を送金してください。

「アドレスをコピーする」をタップすると、送金先のアドレスをコピーすることができます。

その後、前もって準備した通貨をこのアドレスに送金してください。

4.4 ウォレットに通貨を送金して、送金されていることを確認する

5.資産運用設定を行う

ここでは「AI-Dog」に通貨を預ける設定を説明します

 「AI-Dog」に500$以上通貨を預けることで、初めて毎日の配当(月利にして10%)を受け取ることができます。 

5.1 ウォレットに送金されていることを確認して、「私が」をタップ

5.2 「AI-Dog」をタップする

5.3 一番下の枠をタップする

5.4 「AI-Dog」に入れる通貨量を入力する

5.5 「+」をタップする

5.6  取引パスワードを入力して、「確定」する

5.7  元本に通貨がプラスされていることを確認する

一番上に通貨が追加されていれば、完了になります。

 翌日より、早速配当が入ってきますよ! 

6.実名認証

今後のアップデートで実名登録までしなければ、出金ができなくなるとのことなので、必ず実名登録まで行うようにしましょう。

6.1  システム設定をタップする

画面下メニューの「私が」より、「システム設定」をタップします。

6.2  実名登録をタップする

6.3 実名登録をタップする

6.4 名前、証明書番号、顔認証を行い、提出をタップ

実名認証には運転免許証、もしくはパスポートが必要となります。

<運転免許証を使用する場合>

①名前:運転免許証に記載されている氏名を正しく入力します

例:鈴木 一郎 →性:名の順で入力する。性と名の間は、半角スペースを開ける

②証明書番号:運転免許証に記載されている番号を正しく入力します

<パスポートを使用する場合>

①名前:パスポートに記載されている氏名を正しく入力します

例:ICHIRO SUAZUKI →名:性の順で入力する。性と名の間は、半角スペースを開ける

②証明書番号:パスポートに記載されているパスポートナンバーを正しく入力します

<顔認証>

①、②の入力が終わりましたら、③部分をタップします。

カメラへのアクセス許可を求められた場合は、許可をしてください。

カメラが起動しますので、枠内に顔を当てはめるようにしてください。

画面下に指示が出ますので、指示の通りに顔を動かしてください。

私の時は、以下の3パターンでした。

・まばたきをしてください

・顔を左右に振ってください

・口を開けたり閉じたりしてください

失敗しても何度でも再試行できますので、正しく登録できるまで行いましょう。

①名前、②認証番号、③顔認証の三つの登録が完了しましたら。「提出」をタップしましょう。

※基本的に一度提出すると、再度の入力はできませんので、確実に正しく入力するようにしてください。

成功すると以下のようになります。

再び、「システム設定」→「実名認証」より、以下のようになっていれば成功になります。

※古いバージョンですと、「認証済み」となっていればOKです

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント