【今オススメの投資案件のご紹介】仮想通貨を預けるだけで毎日配当が貰える!月利にして10%!【プラストークン (PLUS TOKEN)】

この度ご紹介する投資案件ですが、次のような方にオススメできます。

お金を稼ぎたい・増やしたい

・簡単に不労所得を作りたい

・貯蓄を利回りの高い投資に回したい

・難しいトレードなどはせずに簡単に資産を増やしたい

・老後の資金を増やしたい

上記を叶えてくれる今、本気でオススメする投資案件「プラストークン(PLUSTOKEN)」をご紹介します。

管理人も開始1週間ほどで、月収にして数十万円の不労所得を簡単に構築することができました。

 今現存する投資案件の中で、最も早く、そして最も簡単に不労所得のビジネスモデルを構築できる案件として、自信を持ってオススメします。 

プラストークン (PLUS TOKEN)とは・・・

プラストークン(PLUSTOKEN)とは、簡単に言うと仮想通貨のウォレットをアプリで提供しています。

 最大の特徴は、専用のウォレットに仮想通貨を入れておくだけで、なんと月利で10%以上の配当を貰えてしまうということ!  

日利にしておよそ0.3%!(月利にして10%)

仮想通貨を預けておくだけで、毎日配当を貰うことができます。

トレードなど特別な操作は必要ありません。

PLUS TOKEN(プラストークン)の凄いところ

1.配当は毎日貰える

プラストークン (PLUS TOKEN)がスタートして、配当が出なかった日は一日もありません。

日利が元金のおよそ0.3%、月利にして10%になります。

配当は、AIアービトラージシステム(AI-DOG)による運用により貰えています。

■裁定取引(アービトラージ)とは?

アービトラージ(裁定取引)とは、世界中にある複数の仮想通貨取引所の価格差を利用してトレードを行い、利益を産む取引手法です。
各取引所で、手数料が違うため、このように価格差が生じるのです。

2.簡単に複利での運用が出来る

毎日の配当はPLUSという、プラストークン (PLUS TOKEN)独自のトークンで貰うことが出来るのですが、これはアプリ内で一瞬のうちにETH(イーサリアム)へ両替することができます。

毎日の配当を元金のETH(イーサリアム)へ追加することで月利10%以上にすることが可能になります。

3.元金や配当にロックはなく、いつでも日本円にすることが可能

運用する元金は、アプリ内ですぐに引き出すことが可能です。

 ただ一度運用を行うと、28日以内の引き出しになると、手数料として元金の5%掛かり、28日以降の引き出しになると手数料は1%になります。 

ただ、よっぽどのことがなければ、28日以内に引き出すことはないと思いますので、手数料はそこまで痛手にならないかと思います。いつでも引き出せてこの手数料なので、かなり良心的と言えます。

4.大きなイベントやメディアにも掲載

■WBF(世界ブロッチェーンフォーラム)の公式スポンサー

2018/9に開催されたWBF(世界ブロッチェーンフォーラム)の公式スポンサーとしてプラストークン (PLUS TOKEN)は登壇しています。様々な取引所に上場しているICON(ICN)のCEOも登壇しました。

■タイムズスクエアのナスダック大画面に広告

タイムズスクエアのナスダック大画面に広告を掲載しています。

かなりの資金力がなければ、このような広告は不可能でしょうし、ある程度しっかりした企業でなければ、掲載の許可はおりないでしょう。

■チャールズ皇太子とプラストークン社共同創設者のLeoが会談

2019/2にイギリスのチャールズ皇太子と、プラストークン財団の共同創設者のLeoがチャールズ王子基金が主催する個人的な慈善ディナーに招待されております。

ブロックチェーンがどのように経済社会へ貢献するかどうか密に会談しました。

その時の様子はYahoo!の記事にもなっております。

https://finance.yahoo.com/news/psex-co-founder-leo-met-154200786.html

プラストークン (PLUS TOKEN)はリスクはないの?

プラストークン(PLUSTOKEN)のリスクについて、気になるところでしょう。

プラストークン(PLUSTOKEN)が飛ぶリスク(元金が0になる)ですが、このような高配当システムを提供しているので、もちろんリスクは充分に考えられます。

しかし、投資を行うにあたって、全ての投資には必ずリスクは存在します。

あなたが今預けている貯金も、明日銀行が潰れてしまう可能性は0ではありません。

プラストークン(PLUSTOKEN)のリスクは基本的には誰にも分かりません。

 そのために、正しい情報を収集し、限りなくリスクを小さくするのです。  

プラストークン(PLUSTOKEN)に似たような仮想通貨ウォレットは最近いくつか登場していますが、その中でもプラストークン(PLUSTOKEN)が一番ローリスクであることは、自信を持ってお伝えできます。

理由は上記でお伝えした通り、プラストークン社の勢力的な活動です。

プラストークン社は世界一の仮想通貨取引所を目指しています。よほどのことがない限りはユーザの信用を裏切ることはしないはずです。

アービトラージでの配当を提供しているのも、ユーザを増やすことを目的としています。

またナスダックなどに広告を打ち出せる辺り、かなり潤沢な資金を持っているはずです。

 ただリスクがあることには変わりないので、まずは余剰資金で運用を開始することをオススメいたします。 

実際にAI-DOG(AIアービトラージシステム)を運用してみた

AI-DOGに対応している通貨は以下になります。
BTC ,ETH ,EOS ,LTC ,BCH ,XRP ,DOGE ,DASH

ちなみにどの通貨で始めるか決まっていない人はETH(イーサリアム)がオススメです!

理由は増資しやすいというのと、イーサリアムはこれからまだまだ伸び代のある通貨だからです。

上の画像のように私は8ETH分を元本として、投資しました。

日本時間にして14時頃に日当が入ります。

そして元金を入れた翌日、14時になると・・・

ホントに入ってました。

配当はPLUSで入ってきますが、このPLUSはプラストークンのウォレット内で一瞬のうちにETH(イーサリアム)に両替できます。

 このとき1PLUSが65$くらいだったので、日当にして360円くらい入ってました。 日利にして、ほぼ0.3%です。 

開始してその翌日から配当が実際に入っていることが確認できました。

プラストークンを開始して、1日も配当が途絶えたことはありません。

プラストークン(PLUSTOKEN)の始め方

以下のページを読み進めながら、始めてください。

ここではPLUS TOKEN(プラストークン)の始め方を1から説明していきます。 PLUS TOKEN(プラストークン)の概要に関して...

AI-DOGによる配当は2024年6月30日までになります。

また新規募集は、2022年6月30まで、もしくはAI-DOG利用者が1000万人到達で終了します。(現在アプリは300万ダウンロード)

プラストークン(PLUSTOKEN)を始める場合は、早めに始められることをオススメします。

最後にプラストークン(PLUSTOKEN)社CEOの挨拶動画を置いておきますので、参考までにご覧ください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする