AIzen(アイゼン)ウォレットと開発企業との提携について

※2018/6/21追記

AIzen(アイゼン)正式ウォレットの「Trinity E-wallet」がリリースされました。詳細ページは以下になります。

このページでは「Trinity E-wallet」について、紹介して行きたいと思います。 既にAIzenプロジ...

4通貨対応の特殊ウォレット

以下の4通貨対応のウォレットになります。

また、ウォレット内で通貨を両替できるようなので非常に便利です

ビットコイン(Bit)

・イーサリアム(ETH)

・リップル(XRP)

・アイゼン(XAZ)

ウォレットを開発している企業

このウォレットを開発している企業は、シリコンバレーのフィンテック企業でこの業界でトップ10に入る企業です。 世界的にも非常に有名な企業でしょう。 

アイゼンはこのような企業とも共同開発の契約を結んだと言うことです。(逆オファーとのこと)

つまり世界的にも有名な企業からAIzenウォレットを開発したとリリースされることになるでしょうから、 世界中からAIzenの注目度が上がることは間違いないでしょう。 

イーサリアム系ウォレットを開発している企業で、イーサリアム系ウォレットで2,3位あたりの企業とのことです。企業名が判明したら、またお知らせします。

ウォレットを利用するためには

メジャーどころの通貨対応のウォレットなので、アイゼンを持っていなくても利用したくなりますよね。

このウォレットを利用するためには、 アイゼンコインを保有していないと利用できないとのこと。 

つまり、 世界的な企業からリリースされるウォレットは、アイゼンコインを保有していないと利用できないということです。 

必然的にアイゼンコインの流通が増えることは必須です。

この話だけでも、アイゼンの需要が爆発的に上がりそうなことは予想できるかと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. Great article. Good to understand for everyone.